シール台紙(剥離紙)を求めて

20120626-003830.jpg
マステを切り抜いて使うのには、使い終わったシールの台紙などを使うのが定番ですが、ちょこっとずつしかシールを使わない貧乏性が災いして、全然ストックが増えない。

そこでいっそ業務用の剥離紙を買ってしまおうかと思いついて調べてみたのですが、A4サイズ100枚入りで4000円台とか…意外と高い代物なのですね。

家族が趣味でやっていたフィギュア作りで使っていたシリコン剥離剤というものも小さい瓶に入っていたし、高いのはしょうがないのかもしれません。(さすがに拝借するのは気が引ける)

なんとか豊富に使える代用品が手に入らないものか。と思っていたところ最初に目についたのがトイレにあるもの。
生理用品のナプキンのシール剥離紙ですよ…。
おお!これなら腐る程あるじゃん!
レース模様入っててかわいいものもあるよ!(特にエリスのmegamiとか必要以上なまでにかわいい…)
しかしこれには欠点があって、裏面に強力な接着剤がついています。包みから剥がし辛いのです。
昔はそんな接着剤はついてなかった気がするのですが、ウィスパーかどこかのメーカーが一手間で中身を取り出せる改良をしたのがことのほか人気だったので定着してしまったんでしょうね。普通に使う分には確かに楽なんだ。
無理矢理はがしてみたけど、剥離紙に接着剤が残ってどうにも具合が良くないし、やはり女子のはしくれとしてヤバイと思われたので、却下。いい考えだと思ったんだけどな。

次に思いついたのが、クッキングペーパー。シリコンコーティングでくっつかないとかパッケージに書いてあったのでシール台紙にいいかなと思ったんだけど、くっつかなさすぎて、時間が経つと勝手にマステが剥がれてしまうので、これも却下。

で、次に思いついたのはロウソクコーティング。
蝋引きした紙は専用ノリでないとくっつかないとネットの情報を得た私は、蝋引きしないまでも普通のコピー用紙にロウソクをこすりつけておけばいいんじゃないかと思ったわけです。
たしかに普通の紙に直接貼った場合と比べてこころなしか剥がしやすくなってる気がする。
しかし、ロウソクをこすりつけているときにクレヨンを使ったときのようにカスが生じてしまい、マステにそれがくっついて粘着力が低下しそうな気がしたので、決め手とはならなかった。

そして今何を使っているかというと、どこにでもあるクラフトテープ。
これをコピー用紙にスキマなく貼り付けて台紙にし、その上から切り抜きたいマステを貼ってハサミやカッターで切り抜いています。
ハサミで輪郭ごと切り抜くとフレークシールのようになります。
台紙に切り込みを入れなくても端を指でちょいちょいめくりあげるだけでスッと剥がれるのが楽ちんです。

カッターで切り抜く際は、軽めの力でマステ部分のみをカットするように浅く切ります。
輪郭を抜き終わったら使わない部分をペロンと剥がすとなんちゃってシートシール状態です。
20120626-003847.jpg

好きに配置替えもできるので便利かなと思います。
そもそもマスキングテープやクラフトテープって、なんで水性ペンで書き辛いかっていうとロール状にしたテープ同士がくっつかないように剥離剤が使われているらしいんですね。それが水性塗料を弾いてしまうのでしょう。
テープに剥離剤がついてるんならそれをシール台紙替わりにしない手はないなと思ったわけですが、今のところ私にとってはベストの臨時シール台紙です。
しかし、大雑把な私のことですし、試しはじめてから時間がたっていないのでまたクッキングシートの時のような失敗になるかもしれません。
見た目と多少の失敗はOKな方はお試ししてみてはいかがでしょうか。。

ブログ村ステーショナリー雑貨

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。